不動産 所有権移転/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|不動産 所有権移転

  1. HOME >
  2. 不動産登記に関する記事一覧 >
  3. 不動産 所有権移転

不動産 所有権移転

民法上、不動産の所有権移転は原則として売買契約成立時に行われます。しかし、通常の不動産取引では、売買代金の受け渡しと同時に所有権が移転するとされており、所有権移転の登記もその日に行います。所有権移転登記の際には、不動産の売り主は、不動産売買契約書、 登記識別情報もしくは登記済証、 印鑑証明書、固定資産評価証明書、身分証を用意し、買い主は住民票、身分証明書を用意します。印鑑証明書については、発行後3か月が有効期限とされているため、その点に注意してください。なお、不動産登記の専門家である司法書士に依頼することで、必要書類の一部を作成してもらうことができ、手続きを代行してもらうことができます。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 商業登記簿謄本とは商業登記簿...

    商業登記簿謄本とは、商業登記簿の写しのことを言います。コンピュータ...

  • 特に遺言書が必要な方特に遺言書...

    主に遺言書が必要になるのは、自分の死後に相続に関して何らかのトラブ...

  • 遺言書の種類遺言書の種類

    被相続人は、遺言を書いておくことで死後に発生する相続に対して自分の...

  • 遺言書による付言事項の重要性遺言書によ...

    遺言の付言事項とは、被相続人がどうしても伝えておきたいことを補足的...

  • 久慈市 司法書士事務所久慈市 司...

    久慈市にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

  • 六戸町 司法書士事務所六戸町 司...

    六戸町にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

  • 成年後見制度の活用例成年後見制...

    誰しも年を重ねるうちに判断力は衰えていきます。しかし、時には自身の...

  • 住所変更登記住所変更登記

    引っ越しをした際、自分が所有する不動産の登記名義人の住所を新しい住...

  • 抵当権抹消抵当権抹消

    抵当権抹消とは、住宅ローンなどを完済した際にそれまで不動産などに設...

ページトップへ