権利証(登記識別情報)をなくしたとき/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|権利証(登記識別情報)をなくしたとき

  1. HOME >
  2. 不動産登記に関する記事一覧 >
  3. 権利証(登記識別情報)をなくしたとき

権利証(登記識別情報)をなくしたとき

不動産売却の際に権利証(登録済証もしくは登記識別情報)をなくしていたときの対応策は主に2つあります。一つ目は、司法書士による本人確認情報の作成です。本人確認情報とは、権利証(登録済証もしくは登記識別情報)に代わる書類で、司法書士がその人を真正な不動産所有者だとを確認し、司法書士自らの責任によってそれを証明するものです。司法書士の責任のもとで作成されるため費用は高額になります。しかし、確実性も高くすぐに発行できるため、不動産の売買ではこれが使用されることが多いです。二つ目の方法は事前通知制度の利用です。この制度を利用する場合、まず登記申請書に権利証を提供できない理由を記載して、そのまま登記申請を行います。その後、法務局からの本人限定受取郵便で通知書が届きますので、それに実印を押して返送し、そのことによって本人が自らの意思で登記申請を行っていることを確認します。ただし、登記所が事前通知を発したときから2週間以内に返送しなかった場合は申請が受理されないので、不確実性が高い方法といえます。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 成年後見成年後見

    成年後見とは、知的障害や精神障害、認知症などにより判断能力が低下し...

  • 相続の放棄相続の放棄

    財産と聞くと、土地や家屋などプラスの資産をイメージしてしまいがちで...

  • 八幡平市 司法書士事務所八幡平市 ...

    八幡平市にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、...

  • 相続の限定承認相続の限定承認

    相続における財産には、プラスの財産も負債などのマイナスの財産も含ま...

  • 法定相続人とは法定相続人とは

    日本では、民法によって誰が相続人になるかが定められており、その相続...

  • 土地 登記簿謄本土地 登記簿謄本

    土地や建物の登記簿謄本(登記事項証明書)は、不動産の登記記録の内容...

  • 後見人の報酬後見人の報酬

    知的障害者や認知症患者は、生活の中で自身に不利な契約を結んでしまう...

  • 登記識別情報と登記済証登記識別情...

    登記識別情報と登記済証はどちらも、登記名義人が登記を申請する場合に...

  • 有限会社から株式会社へ有限会社か...

    有限会社とは、資本金が300万円以上、出資する社員が50名以内、取...

ページトップへ