遺留分/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|遺留分

  1. HOME >
  2. 不動産登記に関する記事一覧 >
  3. 遺留分

遺留分

遺留分とは、極端な遺言内容によって法定相続人が自らの法定相続分を侵害されたとき、遺言を否定して法定相続分の一部を取り戻すことができる権利をいいます。この遺留分を請求することを遺留分減殺請求といい、この請求は遺留分を侵害しているほかの相続人等に対して行われます。この遺留分の請求権には期限が定められており、遺留分権利者が相続開始および減殺すべき贈与・遺贈があったことを知った時から1年が経過すると、権利は消滅します。つぎに遺留分の算定についてですが、これは相続発生時の財産だけでははなく、相続開始前1年間に被相続人が贈与した財産なども遺産に含めて計算されます。また遺留分が認められているのは、配偶者、直系卑属、直系尊属のみで、兄弟姉妹については認められていません。遺留分の割合については、相続人が直系尊属だけの場合は遺産の3分の1を、それ以外の場合は遺産の2分の1を相続人の人数で分割するとされています。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 軽米町 司法書士事務所軽米町 司...

    軽米町にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

  • 会社 登記 変更会社 登記 変更

    株式会社を設立する際、会社名や事業内容、本店所在地などを決めて定款...

  • 役員変更役員変更

    株式会社の取締役には任期があり、役員の任期が満了した場合は役員変更...

  • 代表者変更 登記代表者変更 登記

    相続を含め、会社の代表者変更を行う場合には、変更登記をする必要があ...

  • 遺言執行者とは遺言執行者とは

    遺言書がある場合、故人は希望を伝えることはできますが、遺言書自体を...

  • 法人登記簿謄本法人登記簿謄本

    法人登記謄本とは、法人設立時に法務局において設立した旨を記載した登...

  • 成年後見制度の利用方法成年後見制...

    成年後見制度は、判断能力が衰えてしまった人を保護する制度です。成年...

  • 解散・清算結了解散・清算結了

    株式会社は、株主総会の特別決議もしくは解散事由が発生した場合に解散...

  • 不動産登記の種類不動産登記の種類

    不動産登記は「表示に関する登記」と「権利に関する登記」の2つに大き...

ページトップへ