土地、建物の相続/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|土地、建物の相続

  1. HOME >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 土地、建物の相続

土地、建物の相続

土地、建物の相続を行なった場合、相続登記の手続きが必要になります。相続登記とは、亡くなった被相続人が所有していた土地、住居などの不動産の名義を、相続の発生によって相続人に変更することをいいます。相続登記は相続人が一人のみである場合は特に問題ありませんが、相続人が複数いる場合は相続人全員の同意を得た上で、遺産分割協議書に基づき登記手続きを行うことになります。そのため、もしも相続人の内の1人が内容に反対しており遺産分割協議がまとまらない状態では相続登記を行うことはできません。そのような場合は、家庭裁判所に遺産分割の申し立てを行うことになります。相続登記の手続きには期限などは定められていませんが、この登記を行わなかった場合、その不動産の売却や抵当権の設定ができません。それに加え、不動産を相続した相続人の権利が保障されないため、相続発生後から時間が経過した後で売却などをしようとした場合、ほかの相続人とトラブルが起きてしまう可能性があります。不動産の相続後はすみやかに登記手続きを行うことをおすすめします。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 会社 登記 変更会社 登記 変更

    株式会社を設立する際、会社名や事業内容、本店所在地などを決めて定款...

  • 不動産登記の種類不動産登記の種類

    不動産登記は「表示に関する登記」と「権利に関する登記」の2つに大き...

  • 遺言執行者とは遺言執行者とは

    遺言書がある場合、故人は希望を伝えることはできますが、遺言書自体を...

  • 不動産 売買不動産 売買

    不動産の売買は、原則的には売り主と買い主の合意のもとで自由に行われ...

  • 遺産相続と相続順位遺産相続と...

    ご自身の親族が亡くなった場合、遺産の相続権が発生します。誰がどれだ...

  • 相続登記の必要書類相続登記の...

    法務局で相続登記の申請を行う際には、登記申請書、被相続人の出生から...

  • 遺言書作成の流れとポイント遺言書作成...

    相続に自分の希望を反映させたい、死後の相続トラブルを避けたい場合は...

  • 不動産登記規則不動産登記規則

    不動産登記規則とは、日本の法令の1つで不動産登記に関する手続きにつ...

  • 本店移転本店移転

    本店所在地は定款の絶対的記載事項であり、本店を移転した場合には移転...

ページトップへ