不動産 所有権移転/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|不動産 所有権移転

  1. HOME >
  2. 不動産登記に関する記事一覧 >
  3. 不動産 所有権移転

不動産 所有権移転

民法上、不動産の所有権移転は原則として売買契約成立時に行われます。しかし、通常の不動産取引では、売買代金の受け渡しと同時に所有権が移転するとされており、所有権移転の登記もその日に行います。所有権移転登記の際には、不動産の売り主は、不動産売買契約書、 登記識別情報もしくは登記済証、 印鑑証明書、固定資産評価証明書、身分証を用意し、買い主は住民票、身分証明書を用意します。印鑑証明書については、発行後3か月が有効期限とされているため、その点に注意してください。なお、不動産登記の専門家である司法書士に依頼することで、必要書類の一部を作成してもらうことができ、手続きを代行してもらうことができます。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 不動産 仮登記不動産 仮登記

    不動産の仮登記は、本登記をした際に仮登記した日にさかのぼって本登記...

  • 代襲相続代襲相続

    ある人が死亡したときには、その人の財産は相続人が継承します。遺産の...

  • 不動産登記規則不動産登記規則

    不動産登記規則とは、日本の法令の1つで不動産登記に関する手続きにつ...

  • 八戸市 司法書士事務所八戸市 司...

    八戸市にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

  • 相続登記の必要書類相続登記の...

    法務局で相続登記の申請を行う際には、登記申請書、被相続人の出生から...

  • 遺言書はなぜ必要か遺言書はな...

    遺言書は、相続トラブルを回避し、被相続人の意思を尊重するために必要...

  • 遺産分割調停・審判遺産分割調...

    ある人が死亡し、相続人が複数いる場合、その人の財産をどのように分割...

  • 遺産相続と相続順位遺産相続と...

    ご自身の親族が亡くなった場合、遺産の相続権が発生します。誰がどれだ...

  • 解散・清算結了解散・清算結了

    株式会社は、株主総会の特別決議もしくは解散事由が発生した場合に解散...

ページトップへ