代襲相続/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|代襲相続

  1. HOME >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 代襲相続

代襲相続

ある人が死亡したときには、その人の財産は相続人が継承します。遺産の継承に関しては、相続人となる順位が法律によって定められています。
しかし、相続が発生した時に、本来であれば遺産を継承するはずの人がすでに死亡しているようなケースでは、代わりにその子供たちや孫が遺産を継承することになります。このように遺産を継承することを代襲相続といいます。この代襲相続では、遺産を継承する権利が、子から孫、ひ孫と移行していくことになります。しかし、この場合、子や孫でもすでに遺産を継承する権利を放棄しているケースでは、改めてその権利を獲得することはできません。また、遺産を継承する権利を兄弟が獲得した場合にも、その権利が兄弟の子や孫に移行されることはありません。つまり、故人の甥や姪には遺産を継承する権利が与えられないということになるのです。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 有限会社から株式会社へ有限会社か...

    有限会社とは、資本金が300万円以上、出資する社員が50名以内、取...

  • 商業登記簿謄本とは商業登記簿...

    商業登記簿謄本とは、商業登記簿の写しのことを言います。コンピュータ...

  • 定款 変更 登記定款 変更 登記

    定款変更をするためには、まず株主総会を開かなければなりません。株主...

  • 土地 生前 贈与土地 生前 贈与

    土地の相続を考えている場合、一つの方法として生前贈与があげられます...

  • 一戸町 司法書士事務所一戸町 司...

    一戸町にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

  • 株式会社設立株式会社設立

    株式会社設立にあたっては、いくつか決めなければならないことがありま...

  • 目的変更目的変更

    会社は、どのような事業を行うのか(事業目的)を登記しなければなりま...

  • 相続の限定承認相続の限定承認

    相続における財産には、プラスの財産も負債などのマイナスの財産も含ま...

  • 商業登記簿商業登記簿

    商業登記簿とは、会社法、商法の規定により、商人に関する取引上重要な...

ページトップへ