所有権保存/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|所有権保存

  1. HOME >
  2. 不動産登記に関する記事一覧 >
  3. 所有権保存

所有権保存

今まで所有権の登記がされていない新築などの不動産に対して、初めて所有権を登記することを所有権保存登記といいます。たとえば建物を新築した場合は、その最初の所有者はまず、取得後1カ月以内に建物の床面積、構造などに関する建物表題登記を行います。この建物表題登記は法律上必ず行なう必要があります。その後、所有者を示す所有権保存登記をします。そして、この所有権保存登記をもとにその後の売買や相続などの所有権の移転、抵当権の設定などの登記が行われます。なお、所有権保存登記は必ず行なわなければならない登記ではありませんが、不動産の売買やその不動産を担保に借入を行なう場合に必要になります。登記の際の費用については、通常、不動産価額の0.4%の登録免許税がかかりますが、これについては、その住宅が住宅用家屋などの一定の要件を満たす場合には、税率が0.15~0.1%に軽減されます。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 代表者変更 登記代表者変更 登記

    相続を含め、会社の代表者変更を行う場合には、変更登記をする必要があ...

  • 遺産相続とは遺産相続とは

    遺産相続とは、故人が生前築き上げてきた財産を受け継ぐことを言います...

  • 不動産 売買不動産 売買

    不動産の売買は、原則的には売り主と買い主の合意のもとで自由に行われ...

  • 任意後見制度の利用方法任意後見制...

    成年後見制度には、法定後見制度と任意後見制度の2種類があります。法...

  • 成年後見制度の利用方法成年後見制...

    成年後見制度は、判断能力が衰えてしまった人を保護する制度です。成年...

  • 不動産登記料不動産登記料

    不動産登記料とは、不動産を登記するときにかかる費用で、登録免許税や...

  • 株式会社設立株式会社設立

    株式会社設立にあたっては、いくつか決めなければならないことがありま...

  • 法定相続人とは法定相続人とは

    日本では、民法によって誰が相続人になるかが定められており、その相続...

  • 階上町 司法書士事務所階上町 司...

    階上町にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

ページトップへ