目的変更/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|目的変更

  1. HOME >
  2. 商業登記に関する記事一覧 >
  3. 目的変更

目的変更

会社は、どのような事業を行うのか(事業目的)を登記しなければなりません。これは定款の絶対的記載事項であるため、もしも新規事業を行うことになるなどして、目的変更を行う場合は、株式会社ではまず株主総会を開く必要があります。株主総会での定款変更の特別決議によって、目的変更が行われたら、登記の手続きをします。その後、本店所在地の法務局で目的変更登記の申請をします。これについては期限が定められており、定款変更の効力が生じた日から本店所在地においては2週間以内に申請しなければなりません。なお、登記申請に伴う登録免許税は三万円です。事業目的として記載できる数の制限などはありませんが、金融機関や取引先なども閲覧できる情報ですから、あまりやみくもに事業目的を列挙してしまうと、会社の実態がつかみにくくなり信用性が落ちてしまうなどのリスクも考えられます。事業目的の変更、登記にあたっては内容を慎重に検討しましょう。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 新郷村 司法書士事務所新郷村 司...

    新郷村にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、成...

  • 不動産 仮登記不動産 仮登記

    不動産の仮登記は、本登記をした際に仮登記した日にさかのぼって本登記...

  • 贈与 登記贈与 登記

    贈与とは、自分の財産を第三者に無償で分け与えることをいいます。とく...

  • 会社設立 登記会社設立 登記

    会社設立の登記手続きは、株式会社と合同会社で大きく異なります。株式...

  • 遺言書はなぜ必要か遺言書はな...

    遺言書は、相続トラブルを回避し、被相続人の意思を尊重するために必要...

  • 不動産登記令不動産登記令

    不動産登記令とは、日本の法令の1つで不動産登記に関する手続きについ...

  • 遺言書による付言事項の重要性遺言書によ...

    遺言の付言事項とは、被相続人がどうしても伝えておきたいことを補足的...

  • 定款定款

    定款は、会社を設立するうえで必ず作成しなければならない書類の一つで...

  • 相続相続

    相続とは、ある人が亡くなった際、その人が生前持っていた財産などを配...

ページトップへ