法定後見制度の利用方法/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|法定後見制度の利用方法

  1. HOME >
  2. 成年後見に関する記事一覧 >
  3. 法定後見制度の利用方法

法定後見制度の利用方法

法定後見制度は、認知症や知的障害など判断能力が不十分な人を保護するための制度です。被保護者の判断能力に応じて、後見、保佐、補助の3種類に大別できます。法定後見制度を利用するには、本人、配偶者、4親等内の親族、検察官等が家庭裁判所に申し立てる必要があります。後見の場合、成年後見人が家庭裁判所の職権で選任されます。成年被後見人は、婚姻や離婚などの身分行為、日用品購入などの日常生活に関する法律以外の行為は、自ら単独で行なうことができず、すべて成年後見人が代理で行ないます。また、成年被後見人が行った法律行為は、成年後見人が取り消すことができます。成年後見人の職務には、財産管理や身上監護があります。たとえば被後見人が認知症の場合は職務内容として、ホームヘルパーの手配や、デイサービス、特別養護老人ホームなどの介護施設の入所契約、さらに病院との医療契約などについての代理契約が考えられます。もちろん、職務は被後見人の意思を尊重して行わなければなりません。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 定款定款

    定款は、会社を設立するうえで必ず作成しなければならない書類の一つで...

  • 遺言書はなぜ必要か遺言書はな...

    遺言書は、相続トラブルを回避し、被相続人の意思を尊重するために必要...

  • 不動産登記料不動産登記料

    不動産登記料とは、不動産を登記するときにかかる費用で、登録免許税や...

  • 登記識別情報と登記済証登記識別情...

    登記識別情報と登記済証はどちらも、登記名義人が登記を申請する場合に...

  • 十和田市 司法書士事務所十和田市 ...

    十和田市にお住まいの方で、相続手続きのご依頼や、遺言作成のご相談、...

  • 商業登記簿謄本とは商業登記簿...

    商業登記簿謄本とは、商業登記簿の写しのことを言います。コンピュータ...

  • 不動産 所有権移転不動産 所...

    民法上、不動産の所有権移転は原則として売買契約成立時に行われます。...

  • 代表者変更 登記代表者変更 登記

    相続を含め、会社の代表者変更を行う場合には、変更登記をする必要があ...

  • 不動産 仮登記不動産 仮登記

    不動産の仮登記は、本登記をした際に仮登記した日にさかのぼって本登記...

ページトップへ