相続の遺留分/山本司法書士事務所(青森県八戸市)

山本司法書士事務所(青森県八戸市)|相続の遺留分

  1. HOME >
  2. 相続に関する記事一覧 >
  3. 相続の遺留分

相続の遺留分

相続人が受け取ることのできる最低限の財産を、遺留分といいます。これは民法によって保証されている権利です。故人の遺言書は生前の意思として尊重するべきものですが、全ての財産を一人だけに譲るといったような極端に偏った内容の場合には、最低限の権利として遺留分が確保されます。この権利が保証される相続人には、配偶者、子供、父母までが含まれますが、兄弟は含まれていません。遺留分を相続する場合には、遺留分減殺請求権というものを行使する必要があります。遺留分減殺請求権とは、被相続人の家族などが相続財産の一定割合を相続することを請求できる権利で、請求に特別な方式はなく、裁判などで請求する必要はありません。一般的には、司法書士など法律の専門家に相談の上、内容証明郵便で遺留分減殺請求を行います。ただし、遺留分の減殺請求には期限があり、相続の開始を知り、被相続人の財産の贈与または遺贈があり、それが遺留分を侵害していることを知った時から1年以内に行わなければいけません。また、相続の開始から10年がたつと遺留分は消滅してしまうので注意が必要です。

山本司法書士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 役員の住所変更役員の住所変更

    役員の変更登記を行わなければならない場合の一つとして、役員の住所が...

  • 代表者変更 登記代表者変更 登記

    相続を含め、会社の代表者変更を行う場合には、変更登記をする必要があ...

  • 有限会社から株式会社へ有限会社か...

    有限会社とは、資本金が300万円以上、出資する社員が50名以内、取...

  • 成年後見制度とは成年後見制度とは

    成年後見制度とは、精神障害や知的障害、認知症などによって判断能力が...

  • 成年後見制度の利用方法成年後見制...

    成年後見制度は、判断能力が衰えてしまった人を保護する制度です。成年...

  • 不動産登記令不動産登記令

    不動産登記令とは、日本の法令の1つで不動産登記に関する手続きについ...

  • 遺言執行者とは遺言執行者とは

    遺言書がある場合、故人は希望を伝えることはできますが、遺言書自体を...

  • 所有権保存所有権保存

    今まで所有権の登記がされていない新築などの不動産に対して、初めて所...

  • 住宅用家屋証明住宅用家屋証明

    個人が新しく住居を購入し、その住居が築年数や床面積などに関する一定...

ページトップへ